本文へスキップ

なんちゃってJAZZバンドは、地域の福祉活動を支援するバンドです。

TEL. 090-2878-1775

〒059-1261 北海道苫小牧市ときわ町6-6-15

バンドハウス紹介 ⅡINTRODUCE BAND HOUSE Ⅱ

防音対策と防音材の選定について

防音の3要素・・・
 一般的に、防音は「遮音・吸音・制振」が必要だとされています。
 ネットなんかで調べると、大概このあたりの説明が多くあり、多種の製品が出ているが「これが絶対効きますよ」と断言するものは見当たらない。
 「防音に挑戦しました」も結構あるけど、あんまり詳しくはわからないし、中にはダンボール程度のものまであります。(必要としている用途が違うのかも)
 本格的なものでは、浮部屋構造も紹介されていますが、どのくらいの離隔が有効なのかや根本的にそれで効果があったのかの判断がつきません。
 それに、どの程度の防音が必要かによっても、構造が違うのは当然のこと。

ホントに知りたい防音は・・・
 だけど、一番知りたいのは、Liveハウス級のトコトン徹底した防音をするにはどうしたらいいのってこと。
 それって、簡単にできないのか、安価にはならないのか、業者委託じゃなきゃ不可能なのか、そもそも防音業者はどこまでできるのか。
 この前も、業者に娘さんのエレクトーン部屋を頼んだ友人がいて、聞くと「石膏ボードを厚くして、中に遮音シートを挟む」らしいが、素人でも効果の程度がわかるが、施工しないよりは良い。


畳(たたみ)ってどうなの・・・・
 また、ネットではあまり紹介されていないが、「畳」の防音効果については高いものがあると思うが知られているだろうか。
 主に吸音効果が期待でき、吸湿効果もある。
 以前、老人施設の慰問ライブで演奏したステージが畳の床であり、ものすごく吸音効果が高かったのを覚えている。
 まず、バスドラム。吸音されて音がクリアになり雑味がない。
 ベースについても、ついついボリュームを上げたくなるという。
 演奏音全体が混じり合わず、クリアに聞こえるようだ。
 その日、PAさんも入っていたからかもしれないが、そう感じた。


遮音材のみでは本当にダメ?・・・
 単純に、コンクリートだけで躯体を囲んだとしても、音は漏れる。
・・・とされているが、本当だろうか?

 ちゃんと実験しています・・・
 実は我が家を建築する際に、地下に音楽スタタジオを作ってあるのでその話をします。
 コンクリートのスラブ構造なので、換気口と入口意外は完全な密閉箱である。
 構造を詳しく説明すると、
 ・壁厚は10数センチ(測ったことないが)で、2/3が地中に埋まった状態。
 ・内側には、反響防止にスタイロホーム3センチと、キャンプ用銀マットを貼ってあるだけ。
 ・換気口には、簡単なゴム板でカバーし、通常はタオルを詰め込んでいるだけ。
 ・入口ドアは、コンパネで中に毛布を詰めて10センチ位の厚さの自作ドア。
 ・内ドアとして、2センチ離してベニア板の、これも自作ドア。
 ・あと地下入口にベニアドア1枚と居間へのドアが1枚。
  地下入口から居間ドアまでの直線距離は3m程度。

 この状態でポップス系なんかをかけてドラムを叩たくと、
  ・居間には殆ど聞こえません。TVの音量を変えずに過ごせます。
  ・外から確認すると、換気口の防音対策が甘いせいか、若干聞こえます。
   が、気になって隣人に聞くと「全くわからない」とのこと。
   これは、隣の家にも窓やカーテンがある訳で、その効果もあるせいらしい。
 しかし、ハードロックの爆音状態でドラムをガンガン叩きますと、
  ・居間にはあまり聞こえませんが、ドラムを叩いていることはわかります。
  ・外へ行って確認すると、結構聞こえます。
   これも、気になり隣人に聞くと「全くわからない」とのこと。え、ホント?!
 でも一度だけ、いい気になって夏の深夜にやってたら、最近引っ越してきた家から一度だけ注意あり。

   考察:
    ①遮音材のみだろうが、ある程度の効果はあるが、なんにでも許容限界値がある。
    ②地中部で土に接触している面は、制振作用が効いているのではないか。
    ③毛布(繊維質)の効果は大きい。
    ④近隣との交流が大事。

遮音材には何が良い・・・

 鉛シート、ゴム系遮音シートなど色々あるが、とにかく安価なのが石膏ボードって知ってました?
 よくネットで紹介されているものは、既存の部屋を施工するのが対象となるので、薄くて効果のあるものです。
 つまり、部屋を狭くせずに、薄い材料で防音効果が上がる材料を販売しているのです。

 今回、採用したいのは、防音の厚さが多少増えても効果が得られる資材です。
 ネットで、一般的に出回っている資材をまとめてみました。

 この表は、各製品の規格・価格をまとめたのと、重量についても比較できるようにしました。
 知識のある方はご存知でしょうが、遮音は重量と密接な関係があります。
 結論から言えば、重量があって安価なものを選定したいのです。
 黄色部は、重量と価格の割合を示したもので、勝手に「遮音価格効果」と名付けましたが、値が小さい方が有利となり、石膏ボードが極端に有利であることがわかります。
とまLive fot

 鉛は、確かに単位体積重量が高い物質で、鉄よりも重いですが、0.3mmとか0.5mmでは薄すぎます。
 多分、ロール形状では重すぎて施工性が悪くなることから、こんな薄さにしたのでしょうが、これじゃ高価な割には効果が出ないと思います。
 事実、面積当たりでの重量では石膏ボードに負けてますよね。
 しかも、直接皮膚に触れないというけれど、レントゲン室じゃあるまいし、体に悪そうだし。

 遮音シートは「日東紡マテリアルJ-700 1.0mm 840円/m2」や「サンダムCZ-12 1.2mm 660円/m2」が有名どこで、どちらも2.1kg/m2。
 施工性も性能も同じなら、安価な方を選んでしまう。
 で、問題はどのくらい効くのかだが、所詮1ミリ程度のシートである。たかだか知れているんじゃないの。
 でも、鉛シートと違って、そんなには高くはない。
 ビニール材でも厚さ1mmなら、このくらいの単価はするし、空気漏れ防止として考えたら使えるかも。

 そして石膏ボード。ホームセンターで厚さ12.5mmで1枚400円くらいで売ってるやつ。
 コンパネサイズで1820×910で242円/m2。そして特価セールの時もある。
 とてつもない安さ。そして、重量もある。

 究極は吉野石膏から出ているタイガースーパーハード(JIS A 6901) 12.5mm サイズ910×1820 120枚で 税込み171,720円(ものたろう価格)。
 1枚約1,450円で854円/m2、超硬質で高強度性能のボードであるなら、高くはない。


吸音材には何が良い・・・

 グラスウール、ロックウール、ポリエステル吸音材、ウレタンなど多種多様。
 とにかく、表にまとめてみました。
とまLive fot
 ロール形状のもあれば、マット状のもある。
 施工性も、千差万別・・・チクチクするグラスウールもあれば、置くだけのマットもある。
 枠を組んで収めなきゃならないもの、そのまま貼り付けていいもの・・・。
 そのまま仕上げとして使えるもの、下地としかならないもの・・・。
 はっきり言うと、選定困難。

 その中で、特に興味を感じた製品が1つありました。
 表にはありませんが、「王子製袋」というセルロースを原材料とした吹付型の吸音材です。
 商品名を「ダンパック」と称し、25.0kg/m3で、耐火性・断熱性・防湿性に優れ、吸音性もあるという。

 問題としている吸音性については、50mm厚で周波数500 Hz以上をカットできる性能があるとのこと。
 つまり、中高音部を防音できるってこと。
 特にワタシをうならせたのは、長さの違う繊維。単一の長さじゃないって所。
 これ、意外と重要で、製造過程を考えれば当たり前なんだけれど、他の素材は均一なゴムとかウレタンだとかで、いくら厚くしても特定の周波数しか止められない。
 このダンパックは、新聞紙を分解してホウ酸を加えたものらしく、素材が木の繊維。天然有機材だから当然繊維長が一定ではない。だから、吸音効果の幅も広く期待できる。

 但し、遮音性は期待できない。されど、遮音と吸音を兼ね備えた中途半端な資材より、ハッキリしていて自分の性に合っている。
 実は、この会社、帯広にあり、同じ道内でもすぐ近く。そして、私の父(他界している)が王子製紙にいたこともあり、その関連会社。・・・縁を感じます。そう、考えてみりゃ、私の幼少期は王子っ子だったんだ。

 それにもう1つ。苫小牧に住んでいれば誰でもわかるんだけど、時折する製紙工場特有のあの匂い。
 好きなヤツなんかいないと思うけど、これを採用することになったら、あの匂いのカタキを取っちゃうようで、ちょっと嬉しいじゃん。

 王子製袋さんとは、現地説明を依頼してありますが、なんせこちらのコンテン設置が大幅に遅れていたため、なかなか実現できていません。(担当者の方、すいません)
 早く、防音まで工事を進めたいなぁ。




 これから、ハウスについて説明していきます。



バナースペース

とまLive

〒059-1261
北海道苫小牧市ときわ町6-6-15

TEL 090-2878-1775
FAX 0144-72-6884